借りたいと思ったその時からお金を手にするまで

窓口でも融資のお願いは利用できますが、今回はインターネットからの申し込みによる融資を例にご紹介します。まずは、インターネットで借り入れをしたい金融機関を選択します。そしてその中からカードローンの申し込みフォームを開き氏名・住所・生年月日・勤務先・年収・他社借入額などの基本情報を入力します。送信からしばらくすると、メールまたは電話にて審査結果が報告されます。その後、本人確認書類として運転免許証や健康保険証などの写しを送ります。その送る方法は、FAXや郵送・メール添付などで受け付けられています。その後入会申込書や契約内容確認書、口座振替依頼書などが必要書類が送られてきます。その時にカードも送られてくることが多いです。カードを手にした時点からカードローンの利用が可能になるケースが多いようです。上記のような方法は、預金口座のない金融機関での利用方法となります。ですが多くの人は預金口座のある金融機関でのカードローン利用を考えることが主かと思います。その場合は、先述の内容よりも簡単で、既に様々な情報は先方にあるのでインターネットや窓口での簡単な申し込みで審査スタートとなり、書類も少なく済むかもしれません。審査をするのは金融機関が指定している保証会社となるので、本人確認書類などの最低限の書類は必要となる可能性は高いので今すぐに利用したい!と切羽詰っているような状態のとき即日発行していただける金融機関に飛び込む際には、最低限運転免許証かパスポートなどの本人確認できるものを持っていったほうが無難です。このように簡単に融資を申し込めるカードローンですが、ローンはローンで立派な借金となります。便利で利用しやすいことから多重債務となり返済に苦労してしまう方も多いのが実情です。借り入れをする際には、必ず自分の債務状況や返済可能かの吟味、金利や手数料まで他のローンと同等によく考えた上で借り入れするようにしましょう。こちらにコントロールをにぎっていればとても便利なのでローンにコントロールされないようにまずは把握しておくことが大切です。