ローンを組むその前に・後に

借入れの契約を結ぶ前に契約する金融機関を選択します。その際に必ずチェックしておくべき項目と、詐欺に合わない為の確認ポイントをここでご紹介します。まず、契約する金融機関の選択ですが、3つのポイントは必ず確認しておきましょう。1つ目は、金利です。これはどんなローンにも共通して言えることですが、金利が固定なのか変動なのか・年利何%なのか・無利息期間はあるのかなどをチェックします。2つ目は自身の返済能力です。限度額をどの程度にするのかをいくらくらいなら限度額イッパイまで借りても返していけるのかを考えながら決定していきます。銀行で利用する場合には、年収の3分の1を超える額でも契約できる場合がありますが、それでも限度額いっぱいには借りないだろうけど念のため高額にしておこうと高い設定にしてしまうとどんどんと借りてしまい気がついたらローンの返済に追われる!というようなことにならないためにもきちんと現実をみて低めの設定にしておきましょう。3つ目は他のローンなどによる借入れ金額です。審査によってストップがかかることもありますが、万一審査にすんなり通ってしまい多重債務となる可能性が出てくる場合もあります。そのようなことの起こらないように自分がどこでどのくらい借りているかの把握はしっかりと掴みましょう。このポイント以外にも詐欺に合わないために下記のことにも注意しておく必要があります。低金利で融資を行うように見せかけ、審査に通らなかった方も別の確実に審査の通る業者を紹介するといって紹介料や手数料といった高額な料金を請求する悪徳業者も中にはいます。カードローンは金融機関の発行するものであることや手数料の意味や金利の意味を知っていることでこうした詐欺に引っかかることを防げます。審査に通らなかったということは、返済の際に苦しくなってしまうのを避けるため信用調査会社が事前にストップをかけてくれている安全対策なのです。そのことを頭に入れておきましょう。また、返済中に「債権譲渡通知」というものが届き返済先が変更になったといって返済金を騙し取る詐欺も存在します。この詐欺に引っかかると、返済しているはずのお金を騙し取られるわけですから返済もしていないこととなり返済しているのにある日督促状が届いたり取立てにあうこととなります。「債権譲渡通知」は元の契約内容がきちんと明記されていて、どこからどこへ債権回収会社が移動したかや問い合わせ先などが必ず書かれています。問い合わせ先が不明だったり問い合わせしてもつながらない場合は詐欺だと考えていいでしょう。不安な場合は明記されている問い合わせ先もしくは、元の契約した会社の問い合わせ先への確認をすることで詐欺に引っかかることを防げます。そのほかにも様々な手口で騙されてしまうケースも出てきています。まずは契約時のチェックを怠らないことと、返済時にも気を抜かないことが大切です。