カードローンについて

カードローンとは、銀行などの金融機関が発行するカードを使って借り入れをするローンのことです。金融機関とは金融取引に関する業務を行っている組織のことで、銀行の他、保険会社や証券会社などがこれにあたります。簡単に言えば、お金のある人から預金などの形で預かり、お金のないところへ貸す(ローン)ことで営利を得ている組織のことです。(もちろん各々それ以外にも様々な活動・営業をしています。)ここで気をつけたいのが、金融機関が発行しているカードでのローンのことを「カードローン」というところです。貸金業者と呼ばれるお金を貸すことをメインとした業者の発行するカードでの借り入れは「ローンカード」と呼ばれ内容も名称もそっくりですが、別物として考えられているので注意が必要です。この貸金業者というのは、先述の金融機関と違い資金調達の部分をその金融機関からの借り入れや社債や増資などでまかなっており、「ノンバンク」と呼ばれるものがこれに相当します。個人向けのカードローンは大きく分けて2種類に分類されます。担保のいらない無担保型と、担保の必要な有担保型の2種類です。用途は原則として自由ですが、『個人向け』なので事業資金として利用することはできません。一部事業資金として利用することができるカードローンを別に設けている金融機関もありますが、一般的にはできないので気をつけましょう。金融機関が行うものであるカードローンは、基本的には口座などを開設しているキャッシュカードで利用することができることも多く契約さえしていればカードが増えて困ることもありません。ということは、預金がなければカードローンの利用ができないのか?と思ってしまいそうですが、中には専用のカードが別途発行されるものもあり、預金していなくとも利用できることもあるので利用したい金融機関がどのタイプにあたるかを事前に調べておくとよいでしょう。